冷え性を抑えるグッズに腹巻

腹巻がトレードマークのアニメのキャラクターがいます。そのイメージがあると腹巻は中年の男性がするものと感じるかもしれません。その他工事現場で働く男性が着ているイメージがあります。もちろん腹巻は男性だけがするものではなく女性もすることができます。服の上から見えるように着るのは恥ずかしいと感じる人も多いでしょう。女性が服の上からつけているのはあまり見かけません。冷え性を抑えるためのグッズとしては腹巻があります。特に女性用のタイプが人気です。薄手になっているので、服の下につけたとしてもそれによってぽっこりとおなかが出ることがありません。発熱の素材が使われているので、薄くてもしっかりと覆ってくれるタイプになります。タイプによっては背中の部分にカイロを入れる袋がついているものもあります。腰が冷えやすい時に入れることができます。



冷え性のグッズに足湯ができる機械

温泉地に行くと最近見られるようにあったのが足湯施設です。温泉に入ろうとするとお金が必要なところが多いですが、足湯の場合は無料で誰でもはいれるようになっています。足湯は足をつけているだけですが、足からぽかぽかしてくるので非常に温まることができます。またお風呂のように心臓などに負担がかからないので長時間入ることができます。自宅でもバケツにお湯をためて行うことがあります。冷え性を改善するグッズとして足湯を行うことが出来る電気製品があります。バケツの場合はお湯はどんどん冷めてくるので温かいお湯に変える必要があります。しかしこちらの場合はその必要はありません。温度管理をすることができるので、適切な温度で維持できるようになっています。自分の好みの温度があればその温度にしておき、そのまま利用します。温度は調節することができます。



冷え性を解決するグッズにふくらはぎもみ器

足が第二の心臓といわれることは良く知られています。足の中でも特にどの部分が心臓といわれるかですが、それはふくらはぎです。ここの血管には弁がついていて、下から上に流れる血液が逆流しないようになっています。ふくらはぎに力を入れるとポンプのようにどんどん血液を心臓に戻してくれます。そのことから言われるようになったとされます。ふくらはぎをマッサージすると気持ちよくなるでしょう。冷え性の人がそれを改善するために利用するグッズにふくらはぎをもむための機械があります。タイプはいろいろあり、マッサージチェアのふくらはぎの部分だけを切り取ったタイプがあります。両足を機械にセットするとふくらはぎを挟み込んでどんどんマッサージをしてくれます。別のタイプはふくらはぎに巻くタイプです。低周波などを流すことでマッサージ効果を与え、血流が良くなって温かくなります。